終わりに

 今までマニュアルの必要性、 視覚障碍者向けマニュアル提供の現状と問題などを書いてきましたが、 やはり最終的には視覚障碍者の方はメーカーに対して必要性を訴えていくこと、 またメーカーはそのへんのサービスを積極的に行っていただくことが大切だと思います。
 今すぐに成果をあげることは困難だとは思いますが、少しでもいい方向に進めばと思います。理想は「それらのマニュアルを提供するのが当たり前」になればいいのですが…。
 以上私の知識や情報不足などで曖昧な点、 また少し感情的な書き方をしてしまったところもあるかと思いますがご了承ください。
 何かこれを読んだみなさんからの情報、意見などありましたらメールでお寄せください。私個人のできることには限界がありますが、今後できるだけこのページでの情報提供、 マニュアル提供に向けてのメーカーへの要望など行っていきたいと考えています。

writer:九曜 弘次郎 mailto:kojiro.kuyo@nifty.ne.jp



視覚障害者向けマニュアル提供メーカー一覧へ

視覚障碍者におけるマニュアル問題を考える目次に戻る

Kuyo's Homepage topへ