突撃!メーカー調査


 さてこのようにマニュアル提供手段はあるのですが、現状はどうなのでしょうか?
 ここでは

と言うところからメーカーの実体を探ってみたいと思います。



私の体験から
 私が初めてマニュアルのテキストデータをメーカー側に要求したのは、1995年の2月頃です。MICROCORE(現在のマイクロ総合研究所)のモデム「MC-14400FXe」 を買ったときでした。これは当時行っていた草の根ネットでアドバイスをもらい実行したものです。
 このときはメーカー側に電話で聞いてみました。 ところがメーカーの解糖は「申しわけありませんが、現在そのようなものはご用意しておりません」と言う月並みのものでした。
 私にアドバイスをしてくださった方もいろいろなメーカーに調査してくださったのですが、ほとんどのメーカーは「用意していない」と言う答えだったそうです。
 ここでその方は私にとってとても印象に残ることを言っておられました。「メーカーに調査してみたが、 ほとんどのメーカーが視覚障碍者あるいはその関係者からこのような質問を受けていない。みんなこのような問い合わせはしないのか?それとも視覚障碍者はパソコン自体使っていないのか?」と言うものでした。ちなみにその方は晴眼者の方です。
 そのときの私の印象としては 「どうせメーカーなんかに言ってもそんなもの用意してくれないと言うだけだから」 と言うことで、マニュアルはボランティアの方に点字にしてもらったり、朗読してもらったりしているのかなあぁと思いました。実際私もATOK7を購入したとき、メーカーには言わずボランティアの方に点字にしていただきました。
 しかし上記の発言は、私の考え方を一新させ、これを書くきっかけになったと言っても良いぐらい衝撃的なものでした。そうなんですよね。マニュアルというのは、本来メーカーが提供すべきなんですよね。これはとても貴重な発言だったと思っています。
 それからつぎに要求したのは、1996年の秋頃ヤマハの「MU80」と言うMIDI音源を購入したときです。そのときはNiftyのFMIDIVA(MIDIベンダーステーション) のヤマハの会議室で要望しました。ところがやはりマニュアルは用意されていないとの解答でした。
 しかしヤマハ側は一応この件に関しては「前向きに検討したい」 と言ってくれました。 また実際社内でこの件に関して議論も行われているとのことでした。つい最近ちょっとした用事があったのでヤマハに再度確認してみると「なにぶん大きい組織の会社なので、すぐには動けないが、 近い将来ご期待に答えられると思う」 と言う返事でした。できるだけ速く実現していただきたいものです。とにかく比較的期待はもてるかもしれません。
 ちなみにMU80のマニュアルはNiftyで協力者を募集し、 PATIOを作ってみなさんのご協力により完成させることができました。またこのデータは、 必要とする方には配付してもいいと言う許可をヤマハさんからいただくことができましたので、 もし希望者がいらっしゃいましたら kojiro.kuyo@nifty.ne.jp までご相談ください。
 さてつぎはサンヨーのPHSを買ったときでした。電話で要求しました。結論から言うとやっぱり駄目!全然検討してくれようと言う気もなさそうでした。話しになりません。 「もし分からないことがありましたらお電話ください」 だって。まぁフリーダイヤルだからいいけどさ!マニュアル提供して欲しいぞ!
 さてつぎはSIIのPHSデータコミュニケーションアダプタ「MC-6630」を買ったときに、メールで要求しました。すると最初は「検討します」とのことで「駄目かなぁ」と思いました。ところが1か月後聞いてみると「近々ホームページに掲載します」 とのこと。さらにそのメールに、マニュアルを添付して送ってくれたのです!!そしてそのあとめでたくマニュアルがホームページに掲載されました。ちなみにそのマニュアルはNiftyのFISDNSのライブラリにもアップされています。このSIIさんの敏速な対応には感激させられました。
 私が今まで要求した分に関しては以上です。SII以外あまりいい結果に終わってませんね。(汗)



他から入手した情報
 ここでは私がパソコン通信やインターネットのメーリングリスト等で入手したマニュアルを提供してくれるメーカーの情報を書きたいと思います。私の記憶だけで書いていますのでひょっとすると間違った情報を書いているかもしれません。もし情報が間違っているとか、他にもマニュアルを提供してくれるメーカーの情報をお持ちの方はメールデ御連絡いただければ幸いです。
 まずはソニーです。一部の製品ではありますが、希望すれば「声の取扱説明書」をカセットテープに録音して提供してくれるそうです。
 つぎにI・O DATAです。 申し込めば取り扱い製品のほとんど全ての製品のマニュアルを、テキストデータと言う形で提供していただけるそうです。
 つぎにaplixです。同社のCD-R書き込みソフトである「WinCDR」と言うソフトがン95readerと言う視覚障害社用Windows95音声かソフトで使えるのですが、これのマニュアルも同社に申し込めば提供していただけるそうで す。
 このようにマニュアルを提供しているメーカーはいくつか存在します。まだこのような試みをやって折られないメーカーの方々もぜひこれらのメーカーを見習ってやっていただきたく思います。
 そのほかには京セラに携帯電話のマニュアルを要求したところテキストでもらえたと言う方もいらっしゃいます。もしかするとこういうこともありますので、 まだこのような試みをやっていないメーカーであっても問い合わせてみる価値は充分あると思います。
 もしみなさんのなかで問い合わせて見られての結果、提供してもらえた/もらえなかったにかかわらず情報をお寄せいただければ幸いです。
 なおマニュアルを提供メーカーについて詳しくは 付録:視覚障害者向けマニュアル提供メーカー一覧をご覧ください。



次ページへ



視覚障碍者におけるマニュアル問題を考える目次に戻る

Kuyo's Homepage topへ